石油・ガス産業における柔軟でスケーラブルな遠隔監視のための正しい基盤

リモート資産監視および制御のためのエッジコンピューティングソリューションの展開、監視、管理を簡単に実現。

正確なデータをリアルタイムで可視化することは、石油・ガス産業の生産や安全性と効率性、そして特に現場の資産にとっては非常に不可欠な要素となります。石油・ガスの現場では、効果的な運用を行うため多数の機器が必要とされ、その多くは遠隔地の無人の場所で機能することが求められます。

続きを読む石油・ガス産業における柔軟でスケーラブルな遠隔監視のための正しい基盤

アドバンテック、産業用IoTアプリケーション向け組み込みオートメーションゲートウェイ『UNO-2372G-J1』を発表

Intel® Celeron® クアッドコアJ3455プロセッサ、4GBのDDR3Lメモリ、デュアルディスプレイインターフェース(HDMIおよびDisplayPort)を搭載したこの機器は、前モデル:「UNO-2372G-J0」と比較して100%向上したコンピューティングパフォーマンスが提供できる競争力のある価格帯システムです。

続きを読むアドバンテック、産業用IoTアプリケーション向け組み込みオートメーションゲートウェイ『UNO-2372G-J1』を発表

自己適応型交通信号制御システム用: インテリジェントビデオ交通監視

イントロダクション

都市の中では、歩行者、自転車、自動車、バスなど、あらゆる種類の車両が交差する道路や道路で構成されています。交差点での交通信号制御は、車両の動きに大きな影響を与え、動きと容量に矛盾が生じます。安全性を維持しつつ、より良い交通処理能力を可能にする効果的な交通ソリューションを実現するためには、都市全体の車両の動きと流れを理解するために、正確な交通監視が必要となります。

続きを読む自己適応型交通信号制御システム用: インテリジェントビデオ交通監視

アドバンテック、インダストリー4.0アプリケーション向け統合型IoTエッジコンピュータ:「UNO-137」を発表

エッジコンピュータ

産業用コンピュータの分野において世界トップシェアのアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、以下アドバンテック)は、統合型IoTエッジコンピュータ:「UNO-137」を発表しました。第9世代インテル® Atom™ E3940クアッドコア・プロセッサを搭載したUNO-137は、工場の自動化を目的とした信頼性の高い産業用グレードのエッジPCです。

続きを読むアドバンテック、インダストリー4.0アプリケーション向け統合型IoTエッジコンピュータ:「UNO-137」を発表

アドバンテック、ファンレスエントリーレベルIoTエッジコンピュータ「UNO-247」を発表

エッジコンピュータ

UNO-247は、Intel® Celeron J3455プロセッサ、包括的なI/Oポート、およびVGAとHDMIディスプレイ・インターフェースを搭載し、競争力のある価格でエッジコンピューティングパワーを提供するように設計されています。

続きを読むアドバンテック、ファンレスエントリーレベルIoTエッジコンピュータ「UNO-247」を発表