ニュース・お知らせ

AI画像分析システム:生産におけるボトルネックの特定

標準労働時間の測定と生産の最適化

PowerArenaとアドバンテックが共同開発したヒューマンファクター(人的要素)情報データAIシステムは、カメラを使用して従業員の行動を記録し、AI推論を通じて画像とビデオを分析します。 このシステムは、ボトルネックを特定し、生産効率を向上させることができます。

PowerArenaは、AIアプリケーションの画像分析を専門としています。 PowerArenaの共同創設者であるKen Law氏は、製造業における「Industry 4.0」によって刺激された変革にもかかわらず、ほとんどの企業は依然として機械設備の改善に集中していると信じています。 人間の行動に関連する情報を収集および数量化することは非常に困難なままであり、その結果関連するソリューションが不足しています。

ロボットアームやオートメーション機器の製造元は、高度な手先の器用さを必要とする人間の労働力に取って代わることができないため、製造者は依然として人間の労働力に大きく依存しています。 労働集約型産業の場合、Ken Law氏は「関連データを収集するためにすべての従業員を監視する責任者を指定する必要があるため、これらの対策を工場で完全に実施することは不可能である」と述べています。

PowerArenaは、ストップウォッチに代わる一連のAIソフトウェアを開発して、労働時間を測定し、生産を最適化しました。Ken Law氏はさらに、PowerArenaが世界の5つの主要な電子製造サービスファウンドリを例として取り上げ、画像認識および分析テクノロジーを使用してヒューマンファクター(人的要素)情報を「データメイト」する方法について詳しく説明します。 AIディープラーニングソフトウェアを利用して、工場はわずか2か月で1時間あたりの単位(UPH)を5%増加させました。

データ化により生産効率が向上

PowerArenaのヒューマンファクター情報データAIシステムは、工場の生産効率を大幅に向上させます。 2019年、PowerArenaはAIシステムを深センの工場に輸入するように依頼されました。 この試験は、最初に、プリンターのディスプレイ画面の製造を担う16台のワークステーションで構成される生産ラインで実施されました。 PowerArenaは、すべてのワークステーションにカメラをセットアップして、作業中の画像を収集し、AIソフトウェアでそれらをデータメートします。 定量化されたデータは、生産ラインの管理と生産プロセスの最適化のための重要なデータ参照として機能しました。

AIシステムの画像認識率は90%を超えていたため、各従業員の作業サイクルタイムを計算し、パレート図を作成して、生産のボトルネックを特定しました。 生産量に変動がある場合、システムはリアルタイムで電子メール警告を発行しました。 さらに、6か月以内に画像データにアクセスし、MES、EPR、SFCSなどの既存のシステムと統合しました。 製品のバッチで問題が発生した場合、IEエンジニアは画像を簡単に検索して、作業指示書シリアル番号に基づいて問題の原因を特定しました。

従来のストップウォッチと紙ベースの記録では、生産状況の大まかな感覚しか提供しませんでした。 台湾のPowerArenaのリージョナルセールスマネージャーであるHarold Cheng氏は、次のように述べています。「AIソフトウェアを使用すると、いつでも詳細な生産プロセス分析を行うことができるため、工場の問題に対処するための具体的なソリューションを作成するのに役立ちます。 」

Ken Law氏はまた次のように述べています。「ファウンドリはいくつかのソフトウェア会社に、海外各地に拠点を置く自社工場向けのAIシステムを確立するように依頼しました。 しかし、PowerArenaによってセットアップされたAIシステムだけが問題を正確に特定し、生産効率を向上させることができました。 さらに、UPHの5%の増加は、実装後の最初の2か月以内に達成された統計的な結果にすぎません。 継続的なAIシステムのトレーニングと生産プロセスの改善により、UPHもこれよりさらに増加します。」

その結果、ファウンドリは最終的に、PowerArena AIシステムをより大規模に採用することを決定しました。 このシステムを複製し、中国の各省・各都市にあるすべての工場に適用しただけでなく、アジア各地に拠点を置くその他の工場にもこのシステムを徐々に導入していきました。

アドバンテックが誇る製品の幅広い選択肢と優れた技術サポート

ハードウェアに関しては、PowerArenaは、ヒューマンファクターインフォメーションデータメーションAIシステム用にアドバンテックから3つの製品を選択しました。 これらには、AI推論システム「MIC-730AI」、4UラックマウントGPUサーバー「SdKY-6400」、および2UラックマウントGPUサーバー「SKY-6200」が含まれていました。

「MIC-730AI」は画像データの収集を担いました。 他の2つのSKYシリーズサーバーは、モデルコンピューティングの推論とバックエンドデータの統合、表示、分析を担当していました。 ユーザーは、GPUの強力なコンピューティング効率の恩恵を受け、自己最適化とAIトレーニングを実施しました。

アドバンテックを選んだ理由について尋ねられたHarold Cheng氏は、最初に製品の安定性と包括性について説明しました。 彼は、「工場で使用されるハードウェア製品は、アドバンテックが持つ製品の利点の1つである耐久性があるべきです。 さらに、アプリケーションの状況は、必要なハードウェアだけでなく、工場ごとに異なります。 一般的な標準アプリケーションでも、エッジコンピューティングに焦点を当てたアプリケーションでも、アドバンテックは対応する製品を提供しています。 これにより、アプリケーションに最適なハードウェア製品を選択するための時間を大幅に節約できます。」

PowerArenaは多くの地域で多数の成功した製品ストーリーを持っているので、Harold Cheng氏はアドバンテックが海外オフィスと広範な技術サポートに強みがあると考え、次のように述べています。「PowerArenaはAIソフトウェアの開発に特化しており、ハードウェアはアドバンテックの強みです。 そのため、アドバンテックは多数の海外オフィスでハードウェアテクニカルサポートをタイムリーに提供できます。」

彼はまた、「ソフトウェアの使用に関連するいくつかの問題が海外のクライアントに起こり、それらはたった1週間でアドバンテックによって適切に対処された」と彼の見解をさらに詳しく説明するために具体的な例も挙げました。 Ken Law氏とHarold Cheng氏はともに、アドバンテックのタイムリーなトラブルシューティング機能を称賛しました。

生産活動と生産時間は、製造業の収益性と競争力に密接に関連しています。 かつて他に選択肢がなかった場合、工場は昔ながらの方法を使用して労働時間を測定し、生産のボトルネックを特定するだけでした。 2つの大企業であるPowerArenaとアドバンテックが共同開発したヒューマンファクター情報データオートメーションAIシステムにより、これらの面倒なタスクはすべて将来AIに引き継ぐことができます。

PowerArenaのソフトウェア開発機能は、業界内で高く評価されています。 履物、ワイヤーアセンブリ、自動車アセンブリ、印刷、食品メーカーはすべて、PowerArenaが開発したAIソフトウェアを採用しています。 これらには、Lite-On TechnologyやWistronなどの業界をリードする有名な企業が含まれます。

PowerArenaは、クライアントが迅速な導入を行うための、すぐに使用できる多数のアクション認識モデルを備えた、学習しやすく使いやすいAIソフトウェアのセットを提供する予定です。 クライアントは、さまざまな認識モデルをトレーニングして、無効または不当な生産アクションをより正確に識別することができます。


AIスマート製造パートナー

PowerArenaは、製造業のクライアントが全体的なOEEパフォーマンスを改善し、ヒューマンファクター(人的要素)を視覚化およびデジタル化できるようにすることに力を注いでいます。 メインシステムは監視画像のリアルタイム分析であり、エッジコンピューティングはPowerArenaのクラウドとAIアプリケーションへのコンピューティングプラットフォームを利用しており、プラントが生産効率が低いところを見つけ、その場でプラントの効率と動作を分析するのに役立ちます。


Related Products

MIC-730AI

NVIDIAJetson®Xavierに基づくAI推論システム

SKY-6200

2Uラックマウント4 GPUカード、インテル®Xeon®スケーラブルシリーズGPUサーバー

SKY-6400

4Uラックマウント4GPUカード、インテル®Xeon®スケーラブルシリーズGPUサーバー

資料をもっと見る

Advantech Industrial Edge AI Platform

Advantech SKY Series, Industrial Server Solution

Leave a Comment