疫病予防ソリューション アドバンテックのワイヤレスデバイスを使用した温度自動感知ロボット

COVID-19:IoTの力による業界再編の強化

COVID-19の発生はあらゆるレベルで人々の生活を変え、その影響はあらゆる分野に及んでおり、医療、公共生活、産業活動の新たな基準を備えた長い復興プロセスをもたらすことになると予想されております。パンデミック後の時代の幕開けとともに作業プロセスの自動化し、肉体労働の最小限化を実現させ、モビリティと適応性を高める上でテクノロジーが重要な役割を果たしていきます。

使いやすく、感度が高く、コストも節約し、そして最も重要な、安全なテクノロジーの展開が重要になります。 モノのインターネット(IoT)は、将来のソリューションに大きく影響していきます。


自動搬送車(AGV)で人から感染を守りながらパンデミックとの戦いに貢献

自動化されたソリューションといえば、AGVは常に大成功を収めていることが頭に浮かびます。AGVは主に工場や倉庫の物流で自動搬送に活用されてきました。

今年の夏、コロナウイルスの流行が落ち着き始めると、多くの都市が徐々にビジネス活動を再開していきました。従業員を守る安全な職場で業務を再開することは、企業の第一の責任となっています。経済的な影響を軽減しながらウイルスとの戦いを支援するため、企業はステップアップしています。東アジアのあるアドバンテックのクライアントは、長年にわたりAGV業界に深く関わってきました。彼らは最近、パンデミックによって提示された課題に対処するために積極的な措置を講じました。


従来のAGVを変革する:熱センサを搭載したインテリジェントな消毒ロボット

安全な作業再開の緊急のニーズを満たすため、クライアント企業は、同社が利用するAGVの研究開発の立ち上げ計画を決定しました。 温度センサを備えたインテリジェントな消毒ロボットが開発され、従業員と一般の人々を保護する温度測定と自動消毒が実行されました。 これらの期待に応えるため、同社はワイヤレス伝送の技術サポートについて、発生前にすでに何年もの間このAGV開発について協議を重ねていたアドバンテックに連絡しました。

アドバンテックは、アプリケーション・アーキテクチャや利用シーンに関するお客様の目的分析を行い、以下のように仕様と要件をリストアップしました。

  • デュアルバンド Wi-Fi 2.4Ghz/5.8Ghz

デュアルバンドに対応することで、ユーザー側はデータをセグメンテーション目的のため、データの種類に基づいて2つの伝送グループへと分割し、データフローを適切に振り分けることでトラフィックジャムを防ぐことができます。

  • 高速ローミング

Wi-Fi デバイスは、AGV のロボット側が信号強度の変動による妨害を受けることなくエリア内を安定して移動できるようなローミング機能を提供しなければなりませんでした。ロボットは、最適な電波状態を持つ近くの Wi-Fi AP に自動的に接続する必要がありました。

  • イーサネットポート、シリアルポート、Modbus プロトコルに対応

無線デバイスは、AGVのスペースと設置コストを節約するため、追加のイーサネットデバイスを配置することなくシリアルデバイスをインターネットに接続するため、イーサネットとシリアルポートの両方に対応しなければなりませんでした。Modbus TCP/IP と RTU プロトコルの両方に対応することで、シリアルからイーサネットへの通信をよりスムーズに行うことができます。

  • あらゆるサードパーティ製 Wi-Fi AP との高い互換性

ロボットは様々な場所で動作するため、市場で広く使用されている AP との高い互換性を持ち、様々な現場の AP アーキテクチャに対応できることを保証させることが重要でした。

  • 過酷な環境条件に対応する頑丈な設計

ロボットは、産業用スペースや半屋外スペースなど、さまざまな現場の環境条件や配置の異なる多様なシナリオに対応しなければなりませんでした。組み込み型の Wi-Fi 通信機器には、産業用グレードの設計、広い動作温度範囲への対応、電波干渉防止機能などが求められました。

これらの要件を満たすため、アドバンテックはロボットシステムを操作するためのワイヤレス通信を可能にする専用デバイス」『 EKI-136x 』シリーズを提案しました。


アドバンテックの Wi-Fi ソリューション:EKI-136x シリーズ産業用Wi-Fiクライアント

  • P2P(ピアツーピア)通信

EKI-136x シリーズは、現場環境向けに信頼性の高い無線接続を提供する機能豊富な DIN レール無線 AP を提供します。RS-232/422/485 を無線 LAN または LAN に導入し、AGV にシリアルポートを備えたほぼすべてのデバイスが、中間のホスト PC やソフトウェアプログラミングなしで、ピアツーピアで他のデバイスと通信できるようにしました。

  • リモートデータの要求とコマンドの発行

管理者側は RS-232/422/485 側や無線LAN側から積極的にデータを要求したり、コマンドを発行したりすることができました。データは双方向で送信されるため、EKI-136x シリーズは遠隔監視環境に適していました。

  • 高セキュリティ認証

無線ネットワークのセキュリティを確保するために、EKI-136xはWPA2 / WPA / 802.1xなどの最新の暗号化技術と連携し、強固で安全な認証を実現しました。


EKI-136x シリーズ

  • シリアルデバイスを IEEE 802.11a/b/g/n ネットワークへとリンク
  • 802.11n MIMO 2T2R 対応
  • 最大300Mbps の WLAN 伝送速度
  • WEP、WPA/WPA2-Personal、WPA/WPA2-Enterprise でのセキュアなアクセスに対応
  • 最大921.6kbpsと任意のボーレート設定に対応 | ウェブベースの設定とWindowsユーティリティを提供
  • Modbus TCP および Modbus RTU に対応
  • デュアルバンド 2.4GHz/5GHz を選択的に対応

機器の詳細


アドバンテックの共創精神がAGV技術の変革を支援

本件での東アジアの某クライアント企業は、国内の多くの地域が仕事を再開し始め時期と同じ頃に、温度検知ロボットの開発に成功しました。工場やショッピングモール、公共スペースなどに設置され、温度計測や自動消毒などを行い、公共環境の安全確保に貢献しました。.

アドバンテックは、さまざまなニーズを満たすプロフェッショナルで信頼性の高い産業用標準機器を提供する産業用 IoT に取り組んでいます。アドバンテックは、10年以上にわたり、産業界の先進的な開発を達成することを目的とした全面的な努力を行い、産業用通信の分野でトップレベルのグローバルブランドとなっております。