ニュース・お知らせ

セルラー機能を統合した強力なGPUソリューションを3Dビジョンに活用

アドバンテックの多機能GPUソリューションで、生産性と成長のための3Dビジョンを改善

最新のマシンビジョン技術を搭載したロボットは、より高度な自動化への扉を開きつつあります。マシンビジョンは最終的に、ロボットが世界を感知し、情報を処理し、さまざまな状況へと適応させることを実現します。

2D ビジョンはしばらく前から存在しており、ロボットが動きを検出したり、部品の位置を特定したり、追加の機能を実行する事はできますが、その範囲は限られています。制御された環境での基本的な検査のニーズには 2D でも良いかもしれませんが、3Dビジョンは製造アプリケーションにおいてより精度と柔軟性を高めてくれます。かつて、ロボットの3Dビジョンは、自動車産業のように製造現場で大きな物体を扱う産業向けに作られていましたが、現在では小型ロボット(コラボレーションロボットと呼ばれています)の人気が高まっています。現在では、小型ロボット(コラボレーションロボットとして知られています)が中小企業で人気を集めています。しかし、小型ロボットが直面する課題の1つは、自動化されたマテリアルハンドリングを成功させるためには、より正確な3Dビジョンが必要であるということです。小型ロボットは、検出、ピッキング、配置などの小さな物体を扱うため、より正確なビジョンが必要とされています。3Dビジョンの精度が必要とされる場合、これらの小型ロボットは生産性を向上させ、プロセスやアプリケーションの成長を促進するのに役立ちます。このような利点は、既存のアプリケーションのスピードと信頼性の向上、新規のより高度なアプリケーションの実現、構造化されていない環境での展開、操作、および全体的な柔軟性の向上など、さまざまな形で現れます。特定のアプリケーションニーズによって、3Dビジョンソリューションやロボットソリューションの最適なタイプが決定されます。これらのアプリケーションニーズは、仕様と条件に分けることができます。仕様とは、アプリケーションやプロセスを成功させるために達成すべきこと、例えば、ポイント精度、局所的な平面精度、グローバルな平面精度と精度、寸法精度と真正性などです。条件には、マシンビジョンの精度に影響を与える可能性のある作業領域内の要素(作動距離、周囲温度、周囲光、イメージャゲイン、プロジェクターの明るさなど)が含まれます。
条件や仕様が決まれば、正確な3Dビジョンを維持するために適切なマシンビジョン技術を選択する必要があります。また、データの転送やリモートアクセスを行うためには、強力な接続性も見逃せません。エッジAI推論コンピュータは、これら複数のエッジコンピューティングアプリケーションに不可欠なハードウェアプラットフォームです。


ソリューション

生産性、効率性、安全性において高い基準を達成するためには、コラボレーション・ロボットは本質的に「見る」必要があります。これらの基準を満たすためには、高精度なビジョンシステムが不可欠です。アドバンテックのモジュール型産業用コンピュータのようなインダストリアルエッジの計算システムは、最高レベルで動作するマシンビジョンソリューションを可能にします。
アドバンテックのモジュール式産業用PC(IPC)のMIC-7シリーズは、マシンビジョンアプリケーションのための理想的なソリューションであるコンパクトなモジュール式システムを含んでいます。MIC-7000は、多様なアプリケーション要件を満たすための柔軟性のために革新的なiモジュール拡張に対応しています。
例えば、MIC-75G30 GPU i-Module アドオンは、2つのデュアルスロットGPUに対応しており、ベースIPCであるMIC-770と組み合わせることで、マシンビジョンアプリケーションの画像処理能力が2倍になります。エッジAIコンピューティングに最適で、コンパクトなサイズでありながら、優れた性能、システム安定性、信頼性を備えております。

認定セルラー接続

強力なMIC-7000 IPCシリーズは、アドバンテックのiDOORモジュールを搭載することもできます。C-PCM-24S24G-4AV-1 LTE iDOOR アドオンを使用すると、ソリューションは無線接続のための LTE に対応することができます。セルラーネットワークを利用することで、推論モデルを更新するための柔軟な方法だけでなく、リモート管理のための帯域外管理を提供し、展開とサポートコストを削減します。
セルラーLTE接続を選択する場合、既存の光ファイバーインフラがあることを気にする必要がなく、追加で利用するよりも費用対効果が高いです。また、Wi-Fiを利用したLTE接続は、有線接続よりも信頼性が高くなります。さらに、C-PCM-24S24G-4AV-1 LTE iDOOR接続モジュールは、AT&TとVerizonの両方のネットワークの認証を取得しているため、ユーザーの時間を節約することができます。


製品のフル構成

MIC-770Q + MIC-75G30 i-Module (2 × GPU カード搭載) + FlexIO 経由の PoE および C-PCM-24S24G-4AV-1 LTE iDOOR

  • DUAL NVIDIA 250W、2.75 スロット幅 / 331mm 長のGPUカードを搭載した新しい映像 AI アプリケーション向けGPUソリューション
  • LLTE CAT 4 接続、AT&T および Verizon 認証済
  • トリプル 24VDC 電源入力、1つのPSUでシステムとGPUへ同時に電力を供給
  • GPUが最高のパフォーマンスで動作することを保証する熱管理のために組み込まれたシステムファン
  • ドライブを簡単に交換できるデュアルフロントアクセス可能なストレージベイ
  • システムとGPUのためのインテリジェントな電源ステータスインジケータ
  • 専用GPUブラケットと調整可能な高さのカードホルダーで1Grms の振動に対応する頑丈な設計
  • エッジAIの導入に適したコンパクトサイズ設計
  • 外形寸法 (WxHxD) :280×192×385mm

アドバンテック:MIC-7シリーズの詳細


アドバンテックのモジュール型 IPC 用 MIC-75G30 i モジュールの違いについて:

MIC-75G30 は、コンパクトなサイズでありながら現場環境に適したフォームファクタ設計を採用しているため、最高級の威力を発揮します。

  • トリプルファン /2.75 スロット幅のハイエンド GPU に適合した、より広く長いシャーシ設計
  • MIC-75G30 の設計は、高さ調整可能な GPU カードホルダー設計を採用した強力な専用リテーナーバーを取り入れております。カスタマイズされた GPU ブラケットは、GPU カードを揺れることなくしっかりと固定するのに役立ちます。さらに、オーダーメイドのマウントブラケットがシステム全体をしっかりと固定し、強力な安定性を実現します。
  • 組込みシステムの PWM スマートファン は、インテリジェントな熱センサを介して熱状態に応じてファンの回転数を調整し、システムのノイズを最小限に抑えながらデュアル GPU カードの優れた熱管理を可能にします。
  • ねじ(×15)およびシャーシのスタンドオフにより、1Grms の振動下での動作中の信頼性が確保され、デュアルGPUカードの重量とPCBAへのストレスが補正されます。
  • デュアル24VDCで、4×6ピンコネクタを通してデュアル GPU カードに独立した電源を供給し、さらにフレームグラバーカード用の4ピンコネクタを1×1個、「ゴールドフィンガー」を通して MIC-7 システムから提供される最大 80W の電源とともに、MIC-75G30 のアドオンカードの大幅な消費要件に対応する豊富な電力を確保します。
  • GPUカードの電源ステータスを示すインテリジェント電源インジケータLED
  • フロントからアクセス可能なデュアルリムーバブルストレージベイにより、大容量のデータストレージと簡単なスワップを実現(15mm 2.5インチHDDまで対応)
  • AT&T、Verizonのネットワークに対応した「C-PCM-24S24G-4AV-1 LTE iDOOR」で無線接続の Wi-Fi および LTE に対応可能